Home > book Archive

1

book Archive

[出版]「徹底図解 インターネット&Webの必須常識100」の執筆に参加しました。

  • Posted by: ban
  • 2009年10月28日 23:42
  • book

モデレーターを努めているWebSig24/7で「徹底図解 インターネット&Webの必須常識100」という本を書きました。モデレーター陣+αの20名強のメンバーによる共著で、ネット業界で働くにあたって、知っておいて欲しいことを体系的にまとめています。

ネットがあたりまえのものとなり、仕組みなんか知らなくても使う分にはまったく問題ない昨今ですが、ネットをビジネスに活用したり、不用意に自分を危険にさらさないためにも、基礎知識として抑えておくべき内容になったと思います。書店などで見かけたらぜひ手に取ってみて下さい。


インターネット&Webの必須常識100チラシ

ネット業界で働く人、これから働こうという人が知っておくべき必須の知識は、この100コを押さえておけば大丈夫!日本最大級のWeb制作者・運営者コ ミュニティ「WebSig24/7」が、実践的な知識を徹底図解。イナムラシンヤ氏のイラストで楽しく学ぶ、ネット業界の教科書「新定番」が登場。

インターネット&Webの必須常識100 書影

著者:WebSig24/7 (著), 和田 嘉弘 (著), 坂西 裕彰 (著), 加川 大志郎 (著), 藤川 真一 (著), 藤川 麻夕子 (著), 吉澤 誠 (著), 久末 隆裕 (著), 安藤 直紀 (著), 渡邊 あや (著), イナムラシンヤ (イラスト)

単行本: 208ページ

出版社: ワークスコーポレーション (2009/10/20)

ISBN-10: 4862670695

ISBN-13: 978-4862670694

発売日: 2009/10/20

Amazon | Works online Book Store

ありがたいことにAmazonでは現在在庫切れの売れ行きのようです。


また、刊行記念イベントが11月17日(火)の夜に、銀座アップルストアで行われます。
詳細決まり次第、出版元のワークスコーポレーションのサイトにてアナウンスされますので、お時間ありましたらぜひ足をお運び下さい。

Continue reading

標準デジカメ撮影講座

  • Posted by: ban
  • 2003年10月 9日 22:49
  • Photo | book


09.jpg

デジカメ本は数あれど、どうやって写真をとるか?の基本をきちんと教えてくれる貴重な本です。背景、照明、構図など、あたりまえと思っていたことを、もう一度見直してみましょう。
デジタルだからって、なんでも補正すりゃいいってモンじゃないのよ。

標準デジカメ撮影講座

人を賢くする道具

  • Posted by: ban
  • 2003年2月21日 02:04
  • Photo | book

bk0220.gif


はい、ボクのキライなノーマン先生の本です。この本が本当に語りたいところとは少しずれるケド、かなりいい刺激を受けられました。
「熟練の本質は、何をすべきかを効率的に把握し、すばやく行動することである」、一度乗れるようになった自転車に、誰しも難なく乗れるように、飛行機のパイロットが反射的に危険を回避するように、人間は一度熟練したことにはいちいち考えずに素早く反応することが出来ます

ここのトコロずっと、Webの相談を持ちかけられるとスグに解決の為の方法論が思い浮かぶ、深い思索の海に沈むことが少なくなった自分に、「それは、ホントに考え尽くした末での結論なのか?」と、ギモンを感じて来たし、人の育て方も、方法論は知識としてあっても、何が正しいのか見えにくくなってた。

単なる焼き直しを、それっぽく語ってるだけだったり、方法論をただなぞってるダケなんじゃないかとか、いろいろ思ってた...。でも、この本読むと、ちょっと考えが変わります。反射的に出てくる意見でも、過去に同じようなことを考えた時(内省)に得たいくつもの経験と、現在の状況から出てくる、反射的な推論な訳で、単なる焼き直しなどではなく、今までの知識と経験の裏づけがあって始めて、スグに答える事が出来るものなのかな、と思うことが出来ます。
反射的な推論には、過去の熟練が必要だし、その為に内省的推論を繰り返すという行為が必要。だからこそ、深い思索に入るときは、静かで気が散らない環境を作りたいし、人を育てる際は順番にハードルを置いてあげることも必要なのだなと思う。

なんかうまくまとまらないけど、あたりまえのことを再認識出来て、いいブレークスルーになった一冊です。

人を賢くする道具―ソフト・...新曜社認知科学選書

調理場という戦場

  • Posted by: ban
  • 2003年2月17日 12:00
  • book

調理場という戦場
25_02.jpg

モノ作る全てのヒトへ。熱い情熱と前向きに努力するその姿勢に、打たれます。
優しさと、厳しさと、が沢山こめられた言葉たち。
読むと勇気が出てきます。いつも自分の傍に、行き詰まったら読みます。

情報デザイン―分かりやすさの設計

  • Posted by: ban
  • 2003年2月17日 12:00
  • book

情報デザイン―分かりやすさの設計
25_04.jpg

入門書としては結構オススメ。ひとつの事象じゃなく、現実世界のさまざまなことについて論理的に説明してくれています。

新しい認知の理論

  • Posted by: ban
  • 2003年2月17日 12:00
  • book

アフォーダンス-新しい認知の理論 岩波科学ライブラリー
25_01.jpg

アファーダンスの概念を、カンタンにまとめてくれています。とりあえずコレを読んで、興味があれば、さらに専門的な本に移っていくのがよいでしょう。

プロダクト、グラフィック、ウェブなど、デザインを志す全ての方へ

海馬/脳は疲れない

  • Posted by: ban
  • 2003年2月17日 12:00
  • book

海馬/脳は疲れない
25_03.jpg

人間の脳は、30から、モノとモノの関係性を見つける能力が飛躍的に高まります。それまでに何を見るか、考えるか、そこが勝負だ(笑
オススメ

問題解決プロフェッショナル

  • Posted by: ban
  • 2003年2月17日 12:00
  • book

■思考と技術
25_03.jpg

■構想力と分析力
25_03.jpg

今、何をすべきか?、ドコまでやるべきか?
まだまだ、あいまいなWebの現場、プロジェクトをマネジメントする上で、仮説を検証する上で、参考になることは多いと思いです。

読書三味♪

  • Posted by: ban
  • 2003年1月 5日 23:00
  • book | diary

・年末年始、それほどシゴトに追われなかったので、こっそり本の虫モード、久々にまとまった本が読めた♪ ので、一挙紹介、そしてDVDは一本も見なかった...;;

タカラの山
 初代が作り、2代目が壊し、3代目が立て直す。社員は同じでも社長のあり方で、会社はコンナにも変わるという良い見本だ^^; 単純に呼んでも面白ひ(正月早々毒舌スマン)

マネジメントの正体
 マネジメント本としては、砕けててなかなか面白い、結構ドキッとする言葉が、あったり、なかったり

情報デザイン 〜分かりやすさの設計〜
 分かりやすさの設計を説いてる本は、やはり分かりやすく書かれてます^^、でも、もちっと書いて欲しいトコ多数

龍は眠る
 最近話題?の龍は眠るを読み返してみた。あぁ、コレかぁ。読み返しても面白い

火車
 ↑の流れで、近所の本屋で買ってみた。即効で読破、止まりません。

東京装置
 いぃ、都心生活、昔の上司から環七の外は東京じゃないと言われてから、外には住まないことにしてますが、これからは山手線の外は東京じゃないになりそう。ViVa 都心生活

アジアほどほど旅行
 今年こそは、旅に出たいのだよ。旅行じゃなくて、旅ね

考える技術・書く技術
 やっと読破、読みかけて止まってたのだけど、買うときに勘違いしてたらしく、論理的思考の為の本でした。マッキンゼー式だろうと、ちょっと合わないカンジ。勿体無いので知識として吸収する方向で

・以上、Amazon associate Programのテストでした(笑
■本日の酒量
N/A

Index of all entries

1

Home > book Archive

Search
Feeds
Find Me Elsewhere
RecentActionStream(Ajax)

Return to page top